K110のギア修理方法

IMG_1076_R
XK K110のギア修理方法です。K110のギアは壊れやすいので、結構お世話になるパーツだと思います。

スポンサーリンク

K110のギア修理方法

IMG_1070_R
まずはスキッド部分を分離させます。K110のスキッド部分は、手でひっぱれば簡単に抜けます。この構造はメンテナンスに便利ですね。

IMG_1071_RK110のギアをひっぱりだしましょう。

IMG_1072_R
私はラジオペンチを使ってK110のギアを抜きました。

IMG_1073_R
取れました。

IMG_1075_R
あとは、新しいギアをシャフトの段に合わせて差し込むだけです。ギアのボス部分は上と下で厚みが違うので写真の通りに入れて下さい。

最後にモーターにきちんと歯がかかっているか、確認しましょう。

IMG_1077_R
最後にスキッドを差し込んで完成です。

K110のギアは抜けやすい

IMG_1068_R
ちょっと見づらいですが、K110のギアは段に合わせてただ刺さっているだけです。なので、墜落時などに抜けやすいです。

逆にいうと抜けやすくなっていることによって、受けた衝撃をここに吐き出せるので、他のパーツのちょっとした保護の役割になっています。

余談

IMG_1069_R余談ですが、室内でホバリングテストしてた影響で、スキッドがふにゃふにゃになっていました。ブラシレスでパワーがありすぎるためか、K110のスキッドは癖がつきやすいです。

そんなこんなで私のK110は、やたらと重心が低くなってしまいました。

以上、XK K110のメインギアの修理方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る