SOLO PRO 228に違う種類のヒートシンクをつけてみた

CIMG0724.jpg
前回の記事で書けなかった、こちらのタイプのヒートシンクの加工をします。 

スポンサーリンク

前回のヒートシンク

CIMG0732.jpg
今回のヒートシンクはファンが横に対し、前回のヒートシンクはファンが背中についています。

CIMG0737.jpg
左が前回のヒートシンクで、右が今回のヒートシンク。 形も厚みも若干違います。

作業開始

CIMG0731.jpg
さて、作業開始です。 まずはファンを外します。
 
CIMG0741.jpg
今回のヒートシンクは少し厚みがあります。そこで先端を切ることにしました。こんな感じでニッパで切ります。

CIMG0745.jpg
切れました。

CIMG0744.jpg
このヒートシンクも540用なので、プライヤーを使って成形します。

CIMG0748.jpg
装着してみます。ほぼピッタリです。上の画像ではまだしていませんが、外面のハンダは軽くヤスリで擦って更に密着させましょう。以上で完成です。

前回の記事の方が加工は簡単ですが、私は今回の記事の方を採用しています。こちらの方がゴツゴツしていて見た目が好みなので(笑)

ちなみに

CIMG0773.jpg
レッドのsolo pro 228に紫のヒートシンクを装着するとこんな感じになります。

CIMG0774.jpg
金色だとこんな感じです。

ヒートシンクをつけると見た目も豪華になりますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る