Amazonでラジコンパーツを買う際の注意点

amazontyuuiten
Amazonでラジコンパーツを買う際の注意点についてです。

私もラジコンヘリのパーツなどは、普段からよくAmazonで買い物をするのですが、昔と比べてガラッと環境が変わってきています。

これを知らないと消費者にとって不便なこともありますので、ラジコンのパーツなどをAmazonで買う方はぜひ読んでみて下さい。

スポンサーリンク

現在のAmazonは自社販売だけではない

shopping-670862_640_R
まず最初にAmazonは自社販売だけではないという点です。確かに昔はAmazonは自社のみで販売していましたが、現在では多くの小売店もAmazon内で一緒に販売しています。

言ってしまえば、小売店の集合体である楽天のような形態になっているということです。

Amazon自体が販売している商品もあれば、Amazonという場所を借りて小売店が販売している商品もあるわけですね。

レビューなんかを見ていると、この辺を勘違いされている方が多いようです。

Amazonは国内だけとは限らない

個人から法人まで現在では多くのお店が参加しているAmazonですが、ここでも注意したい点があります。

それはショップによって配送日時が異なるということです。当たり前かと思われるでしょうが、特にここで私が指摘したいのは国外でのお話です。

そうなんです、現在のAmazonでは国外から輸入出来るようになっているのです。

そんなバカなと思われる方もいるかもしれないので、小売店の見分け方と併せて見ていきましょう。

今回参考にしたのはXK K120ですが、その時の在庫状況や見ているページによってお店は変動します。

Amazonか小売店かを見分ける方法

tdud56u6_R
まずはAmazonか小売店かを見分ける方法です。通常Amazonが販売している場合は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と書いてあります。

itdrud_R
小売店だと「この商品は、○○(店名)が販売、発送します。」というような記載になっています。この部分でAmazonなのかどうかの判断が出来ます。

「新品の出品」をクリックすると他にも出品しているお店の一覧が見られます。

国内か国外かの発送元を見分ける方法

r6ududtr_R
もっと詳しくみてみましょう。こちらは「新品の出品」をクリックした後のページになります。ここで出品者の名前や発送元がわかるので、よく見てみましょう。

kstis5_R
見づらいので少し拡大しました。発送元がアメリカ合衆国となっているのが、おわかり頂けるかと思います。

中には発送元が日本になっているものの、在庫は海外なんていうのもありました。これだとやはり、配送に時間がかかってしまいがちです。

ikdtitduitd
ちなみにお店の名前をクリックすると、画面右上に出品者の情報が載っています。これを見れば、このお店の所在地がどこにあるのかがわかります。

小売店で購入する際は併せて、お店の評価なども見て判断した方が安心でしょう。

というわけで

というわけで、Amazonを介して間接的に輸入していることになるわけですね。

輸入しているとはいっても、あくまでもAmazonの買い物ですので同社が責任を負ってくれる分、比較的安全な取引だとはいえるでしょう。

国内にあるショップでも、結局はそのお店が輸入したものを販売していることが多いので、海外製品ならば基本的に品質自体は変わりありません。

海外から直接発送されているものは遅くなる、ということは覚えておきましょう。

Amazon内の小売店で買う際の注意点

バッテリーの海外輸入は注意

最近では通関がうるさくなっており、特にリポバッテリーは大変厳しいです。

もしリポバッテリーを買うお店が海外からの発送だった場合は、数週間から数ヶ月かかる可能性があります。ですので、お勧めしません。

返品時は要注意

ショップによって返品時の対応は様々です。

海外から発送されるものは場合によっては、返品先は元払いで海外まで送ってくれといわれることもあるそうです。こうなると泣き寝入りする方も多いでしょう。

外国の方の対応は様々

私達の常識や価値観は、あくまで日本で培ったものです。海外の方とやり取りする際はこれをよく認識しなければなりません。というのも国が変わればその対応は様々だからです。

昔こんな例え話を聞いたことがあります。

日本では食事中に何か(醤油など)が必要なときは、他人に「取ってきて」と頼むより
自分で取りにいく方が行儀が良いこととされています。

しかし、ある国では自分で取りにいくと「何で頼まないんだ」と怒られるのだそうです。

ある国では信頼関係が大事で、頼みごとというのは信頼の証なのだとか。対して日本では他人に迷惑を掛けないことが美学とされています。

men-700086_640_R
日本では”迷惑”でも、他の国では”信頼の証”ですから、このエピソードに関していうならば、ほぼ真逆の価値観だといえます。

日本のサービス精神や気配りは世界でもトップクラスなため、同じ対応や品質を求めると嫌な経験をすることもあるかと思います。

私も何回か海外で取引をしたことがありますが、日本と比べると総じて”ゆるい”です。

国が違えば環境も考え方もまるで違います。自分の常識は他人の常識ではないことを、心掛けておきましょう。

Amazonで買い物をする際の注意点まとめ

Amazonを取り巻く環境もここ数年でガラッと変わりました。ビジネスライクなアメリカ企業の進歩は、目覚しいものがありますね。

知らないとトラブルになりかねないこともあるかと思い、今回の記事を書くことにしました。

大事なのは「発送元」と「配達日時」なので、その辺をよくみて買い物すると良いでしょう。

以上、Amazonで買い物をする際の注意点についてでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る