ラジコンヘリや送信機の持ち運びに便利なアルミケース

IMG_0862_R
ラジコンヘリや送信機の持ち運びに便利な、アルミケースのご紹介です。しっかりと保護してくれる上に見た目も豪華になるので、お勧めです。

スポンサーリンク

ラジコンヘリや送信機の持ち運びに便利なアルミケース

IMG_0857_R
まずはアルミケースの外観から詳しく見ていきたいと思います。

IMG_0861_R
持ち手の部分はこんな感じです。

IMG_0860_R
パチンとロックがかかるようになっています。

IMG_0889_R
一応カギもついていますが

IMG_0888_R
かなり簡易的なものですので、防犯的な役割は薄いと思われます。

IMG_0862_R
結構存在感がありますね。  

IMG_0863_R
なんか100万円の束が大量に入ってそうな感じです(笑)

IMG_0864_R
ストラップベルトが付属しています。

IMG_0865_R
中身はこんな感じです。私の購入したAM-10の内寸は幅39×奥行25×高さ8.5cmです。

送信機の場合

このアルミケースが実際にどの程度収納できるのか見ていきましょう。まずは送信機からです。

IMG_0866_R
Futaba T10JとWalkera Devo10が両方入ってぴったりのサイズです。

IMG_0867_R
ただ、DEVO10の方は高さがあって少し浮きます。

IMG_0868_R
なので、この部分を少し平らにしてあげると良いと思います。

IMG_0869_R
DEVO7とDEVO10もちょうどな感じです。

IMG_0873_R
X5C、X5SW、クアトロックスアイ、V911-1の送信機だとこんな感じです。

IMG_0875_R
NineEaglesのJ5送信機とJ6送信機では、こんな感じになります。

IMG_0877_R
J5とJ6送信機が一番高さがあって、結構浮きました。

IMG_0878_R
なので、やっぱりこの部分を平らにすると良いと思います。

ラジコンヘリ機体の場合

実際にラジコンヘリを入れてみました。大きさ的にマイクロヘリのみになります。

IMG_0879_R
左からMini CP、Super CP、V911-1、Super CPです。このサイズ帯のマイクロヘリが4機入ります。

IMG_0880_R
形を工夫すれば5機はいけそうな感じでした。

IMG_0881_R
V120D02は縦置きだとちょっと入りませんでした。

IMG_0882_R
V120D02Sは横にしないと入りませんね。

IMG_0883_R
その場合はこんな感じになるでしょうか。

アルミケースの総評

ラジコンヘリは壊れやすいのでこのAM-10アルミケースは、保護に大変役に立つと思います。また、見た目的にもカッコ良いので存在感があります。

ラジコンヘリならではの扱い方としては、簡易的なヘリポートにもなるので便利です。足の取られやすい草場なんかでは重宝します。

よくラジコンヘリのオプションとして専用のアルミケースを見かけるのですが、専用品でその機体と送信機1つずつしか入らないことが多く、汎用性に欠けます。

このアルミケースなら自分で自由に組み合わせることが可能ですので、色々なものが入ります。

ただし、そのまま入れただけでは中身が動いてしまい保護の意味がないので、何か工夫をする必要があるでしょう。

私は1日に何機も飛ばさないので、送信機用と機体用に2つ買いました。ちなみにこの上のサイズのAM-15はかなりゴツかったです。

仕切り板があったり、工具なども入るので便利そうでしたが、ちょっと大きかったので今回はAM-10の方にしておきました。

以上、ラジコンヘリにお勧めのアルミケースでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る