ラジコンヘリの持ち運びケースを自作してみた

DSCN3840.jpgラジコンヘリの持ち運びケースを自作してみました。

スポンサーリンク

ラジコンヘリ 自作持ち運びケース

人気の機体などはたまにオプションでアルミケースが
売られておりますがこれがなかなか高く、機体も複数入れられません。
ラジコンヘリと同じくDIYも趣味である私はこれを作ることにしました。

ということで自分で作った ラジコンヘリ持ち運び用のケースです。
アルミケースを真似て銀色にしました。
S字フックを 曲げまして 引っ掛かりを 作ってあります。 DSCN3841.jpg 開閉ロックにつきましてはホームセンター等できちんとしたものが
安く売られていますのでそっちを買った方が良いかもです。

中はこんな感じです。 DSCN3845.jpg 機体2機と送信機や道具や補修パーツ等入れられるように設計しました。
このケースはラジコン始めた当初HoneyBee用に作りましたのでだいぶ昔になりますね。

ここで例のごとくシオンさん現る。 DSCN3842.jpg あわよくば入ろうとしてきますので入れないよう注意します(笑)

フタの開閉はチェーンにて制御しております。 DSCN3847.jpg これがないとフタの重みで反対側にひっくり返ってしまいます。

ネジと針金を使って固定しています。 DSCN3846.jpg

こんな感じです。 DSCN3848.jpg 作るのは簡単だと思っていたのですが
フタを開ける部分でわりと試行錯誤させられました。

一応自作したい方のために情報提供をしておきます。
木材以外で必要な材料は以下の通りです。
・蝶番(開け閉め金具)
・取っ手
・チェーン
・S字フックor開閉ロック金具
これらは全て100円ショップにて購入致しました。

ちなみに箱にラジコンヘリ等を入れますと軽く 12、13kgは下らない重さになります(笑)
これでも化粧板を使用して軽く作ったはずなんですが
自作する場合は強度と重量のバランスを色々試行錯誤してみて下さい。
今では所持している機体も変わりましたので、この機会に処分することにしました。
現在の持ち運び方法の記事も後ほど更新致します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る