V977をK110にする方法

IMG_1665_RV977をK110にする方法です。WL-toysの送信機では操作がしづらかったため、K110と同じ仕様にしてみました。

スポンサーリンク

V977をK110にする方法

IMG_1673_R
V977はK110とほとんど同じパーツを使用しているため、受信機を交換するだけでK110へと生まれ変わります。

IMG_1790_R
赤い基盤がV977で、緑の基盤がK110です。両社の違いはFutabaとの互換性があるかないかだと思いますが、その違いによってかV977の受信機にはバインドボタンがついていません。

IMG_1678_R
ということでV977の受信機を外しました。両面テープでくっついてはいるのですが、ただのテープではないようで、微妙に振動を吸収してくれるタイプのものでした。

IMG_1789_R
K110の受信機を取り付けて、それぞれ配線していきます。ある程度癖がついているのでわかりやすいかと思います。

IMG_1684_R
次は、XKの純正の送信機かFutaba送信機とバインドをさせます。まずは電源を入れておきましょう。

IMG_1682_R
今度はV977のバッテリーを繋ぎます。

IMG_1683_R
バインドのボタンを長押しします。そうすると赤いLEDが消灯すると思います。

IMG_1791_R
無事にバインドが出来ると青いLEDが光り完了です。このバインドの作業なんですが、上手くいかない場合は何回も繰り返して下さい。

私は最初何回やってもダメで、数日後にまた何回かやったら上手くバインド出来ました。原因はよくわからないのですが、最初は認識しづらいみたいです。

IMG_1795_R
これでV977をK110と同じにして、Futaba送信機で操作出来るようになりました。

個体差がありますので、リンケージで水平を出してV977とK110を同じ設定でやるか、もしくはモデルをもうひとつV977用に作ってサブトリムを調整したものを、用意しましょう。

私は面倒なので後者を選びましたが、お好みでどうぞ。

以上、V977をK110にする方法でした。

ちなみに

今回、私はK110用の受信機を取り付けたのですがAmazonを徘徊していたら、WL-toysのオプションでFutaba送信機に対応しているものを見つけました。

基盤が緑色なのでXKの受信機と同じだとは思うのですが、なんともいえませんね。

IMG_1788_R22
ちなみにこちらがK110の受信機なのですが、裏面には思いっきりV977の記述があり、印もついています。

V977もK110も飛行性能はよく似ているので、ジャイロなんかは共通のものを使用している可能性が高いです。

V977にそのままFutabaの互換性をつけたのが、K110の受信機なのかと推測します。


ラジコンショップ HELIACT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る