ラジコンヘリの背面飛行の謎を解き明かす

kstystjsjsラジコンヘリは背面飛行することが可能です。
今回はどうやって背面飛行をしているのか、その謎を解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

ラジコンヘリの背面飛行の秘密

ラジコンヘリは背面飛行が可能ですが、全部が出来るというわけではありません。
いわゆる可変ピッチ機と呼ばれるタイプのラジコンヘリだけ可能となっています。

まず、可変ピッチ機ではないラジコンヘリが逆さまになった場合を見てみましょう。
通常はこのように下向きに浮力を発生させることにより飛んでいます。
これは誰もが理解していることと思います。
youryoku2_R

このまま機体を反転させれば当然ながら浮力が得られません。
youryoku3_R
それどころか地面へと加速を促すだけです。

さて、それでは可変ピッチ機はどういう仕組みになっているでしょうか。
まずは可変ピッチ機のブレードの動きを実際に見てみましょう。


ブレードの角度が上下に変化しているのがお分かり頂けるかと思います。

察しの良い方はもうおわかりかもしれませんが、機体が反転した際に
ブレードのピッチ角も反転してあげることで背面飛行が可能になります。
youryoku1_R
機体が逆さまになっていると人間の視覚的には一見複雑そうに見えますが
実際はそんなことはなく、ブレードのピッチ角が変わっているだけです。

わかってしまえば何のことはない仕組みだったりします。
ただ、私のように後から言うのは誰でも簡単ですが
最初にこれに気付いた人は尊敬に値するものと思っております。
視覚に惑わされて中々気付けないのではないでしょうか。

以上、ラジコンヘリの背面飛行の謎でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る