XK K100のレビュー

XK K100のレビュー

k100helibeginnnerXK K100のレビューです。K100はXKラジコンヘリの入門機にあたる機体です。この機体の各部の写真や飛ばした感想など、詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

XK K100の詳細

K100の外観

IMG_1536_R
今回のK100もやはり送信機なしバージョンを買いました。Futaba送信機を持っていると、何だかお得な感じがしますね。

IMG_1581_R
こちらがK100の本体になります。シンプルです。

IMG_1582_R
K110やK120とは対照的に色がグリーン系で統一されています。何か本当に野菜のような色をしています。ほうれんそうっぽいですね。

IMG_1584_R
個人的には落ち着いた色でわりと好きですが、残念ながら視認性はあまり良くありません。特に夏場などに背景に木などがあった場合、同化してしまう可能性があります。

K100のヘッド部分

IMG_1546_R
K100のヘッド部分です。樹脂ヘッドのスタビレスです。

最初からメタル化してあるK100は下のショップで販売しています。

⇒ ラジコンショップ HELIACT

K100のローターブレード

IMG_1547_R
こちらがK100のローターブレードです。

K100のテール

IMG_1548_R
こちらがK100のテールです。コアレスのダイレクトモーター式ですね。この辺はどのマイクロヘリも一緒でしょうか。

K100のサーボ

IMG_1551_R
K100のサーボです。K110と同じものを採用しているみたいです。

K100のメインモーター

IMG_1552_RこちらがK100のメインモーターになります。パッと見固定されてないように見えますが、どうなのでしょうか。

IMG_1557_R
よくみたらガムみたいなのがくっついていたのですが、これで固定してあるのでしょうか。なんだか汚れにしか見えないのですが(笑)

K100の受信機

IMG_1554_R
こちらが受信機です。6軸ジャイロと3軸ジャイロの切り替えが可能になっています。6軸ジャイロでは安定していますが、3軸ジャイロでは一転して機敏な動きになります。

K100のギア

IMG_1556_R
こちらがK100のメインギアです。これもK110と同じものみたいです。段に合わせて差し込むだけの簡単なタイプです。

K100の付属品

IMG_1538_R
K100の付属品はこんな感じでした。各種ローターの予備や工具など、XKではおなじみですね。

充電器もついていますが、Walkeraのものを使用することが可能です。私は付属のものは使わず、Walkeraの充電器で充電しております。

K100のバッテリー

IMG_1540_R
バッテリーは3.7V 250mAhです。XKのラジコンヘリのバッテリーはそれぞれ形が違います。

なるべく互換性をなくしているのかと思われますが、極性が同じであるWL-ToysやWalkeraなどのバッテリーはサイズや性能があえば使えます。

他社製のバッテリーを使う際は自己責任ですので、くれぐれも熱などには注意しましょう。

K100のレビュー

XKらしい優秀な飛行性能

IMG_1585_RK100はXKの入門機ということもあって、とても素直な機体です。初心者の方は、このK100からはじめると良いでしょう。

XKのラジコンヘリの例に漏れず、6軸ジャイロ時では非常に安定した飛びです。操作に慣れてきたら3軸ジャイロに切り替えることで、かなりの練習になると思います。

XK唯一のブラシモーター

XKのラジコンヘリはこのK100を除いた全ての機体がブラシレスモーターです。ブラシレスモーターはパワーがあって良いのですが、悪い点もあります。

それは、あまりスムーズに回転してくれない(一定の位置から急回転しがちな)ところです。

このことからスロットル操作が若干シビアになってしまうのですが、K100のようなブラシモーターではそのようなことはありません。

個人的にはこれだけでかなり操作しやすく感じます。モーター特性のせいだと思いますがXKのラジコンヘリよりも、WalkeraのSuper CP等の方に似ている飛びでした。

K100はXKの6軸ジャイロ時のしっかりとした安定性はそのままに、ブラシモーターで更に飛ばしやすくなっている印象です。

3D飛行の練習にも最適だが、厳しさもある

IMG_1583_R
K100はXK社の中では一番壊れにくい機体でしょうし、3D飛行の練習にもお勧めです。ただし、背面飛行するには3軸ジャイロに切り替える必要があります。

このモードではかなり機敏な動きになるため、室内で飛ばすのは躊躇するくらいです。

XKのラジコンヘリに共通していえることだと思いますが、これがネックで背面飛行なんかはWalkera勢の方が飛ばしやすいと思います。

背面可能時間が長い

背面可能な飛行時間は、WalkeraのSuper CPなんかよりも長い感じです。

Super CPだと後半はあきらかなパワーダウンが感じられるのですが、K100は少なくとも4分経過した時点でも背面のヘタりは見えず、元気がありました。

ブラシレスではないので3D飛行性能は劣るのかなと思っていましたが、予想に反してパワーが持続するようで、かなりポテンシャルの高い機体です。

K100を飛ばした様子

K100の飛ばした様子はこちらをどうぞ。かなり飛ばしやすかったです。

K100のまとめ

ブラシレスではないため、初心者から中級者くらいの層を狙っているのかとは思いますが、3D飛行の性能や持続力も決して悪くなく、上級者の方でも充分に楽しめる機体だと思います。

K100はどれも優秀なXKのラジコンヘリの中で、最もコストパフォーマンスに優れています。そのため練習機としても最適です。

以上、XK K100のレビューでした。


ラジコンショップ HELIACT

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る