Hubsan X4 HD H107Cのレビュー

Hubsan X4 HD H107C
Hubsan X4 HD H107Cのレビューです。日本ではGeForceさんが販売しています。Hubsan X4 HD H107Cの詳細や飛ばした感想など、細かくレビューしていきます。

スポンサーリンク

Hubsan X4 HD H107Cの詳細

X4 HD H107Cの外観

Hubsan X4 H107C (1)
こちらがH107Cです。H107Cといえば赤色の機体が特徴的ですが、今回はブラックグリーンにしました。後々、赤の方に衣替えする予定です。

Hubsan X4 H107C (2)
前方が黒いブレードで、後方が緑色に色分けされています。

Hubsan X4 H107C (4)
前方には200万画素のHDカメラがついており、空撮することが可能です。

Hubsan X4 H107C (3)
バッテリーは押し入れるだけの簡単な仕様です。必要充分ですね。なるべく奥に入れて、重心バランスをとった方が良いです。

Hubsan X4 H107C (5)
モーター周辺はよくあるタイプの構造です。モーターは、結構熱くなる印象を受けました。1フライトごとにしっかりと休ませましょう。

X4 HD H107CのLED点灯時

Hubsan X4 H107C (11)
H107CのLEDは結構まぶしく光ります。室内の天井付近では、はっきりと青と赤のサークルが出現するほどです。

IMG_2043
この明るさならある程度暗い場所でも、飛ばすことが出来るかと思います。

X4 HD H107Cのバッテリー

Hubsan X4 H107C (7)
3.7v 380mAhです。性能やサイズが合えば、他にも互換性があるのが見つかりそうです。

X4 HD H107Cの充電器

Hubsan X4 H107C (8)
H107CはUSB充電です。変換器を使えばAC電源からも充電可能です。

X4 HD H107Cの送信機

Hubsan X4 H107C (9)
H107Cの送信機です。左スティックを押し込むと、エキスパートモードへと変更可能です。エキスパートモードにすれば、フリップ(宙返り)も出来ます。

X4 HD H107Cの付属品

Hubsan X4 H107C (6)
H107Cにはローターガードが付属しています。これによって、初心者の方でも安心して練習することが出来ます。

Hubsan X4 H107C (10)
工具と予備のブレードも各種入っていました。工具を使えば、ブレードは簡単に外せる仕組みです。

X4 HD H107Cのマニュアル

H107Cの電子マニュアルがありましたので、載せておきます。細かい注意点などが書かれているので、初心者の方はよく読んでおきましょう。

http://www.gforce-hobby.jp/manual_pdf/GFORCE_HUBSAN_X4_HD.pdf

Hubsan X4 HD H107Cのレビュー

ドローンの練習に最適

H107Cは、最初からローターガードが付属されていることもあり、ドローン初心者の練習機に最適です。サイズ的にも室内で飛ばせるので、まずはH107Cで練習すると良いでしょう。

初めての方がいきなり安定して飛ばせる機種というわけではありません。適度に舵を要求されるため、ある程度の練習が必要です。

単にホバリングさせて空撮するだけならばすぐにでも出来ますが、それだけでは大いに墜落する可能性があるため、出来るだけ練習はしておきましょう。

操作の難易度的には、簡単すぎず難しすぎずと言ったところでしょうか。ホバリングは簡単ですが、旋回などはわりと繊細な舵が要求されます。練習になる丁度良い難易度です。

H107Cが自由自在に飛ばせる腕前になれば、どのドローンでも思い通りに操縦出来るようになっているでしょう。

空撮について

基本的にはこの価格ですので、空撮は値段なりと割り切った方が良いでしょう。一昔前に比べると素晴らしい画質ですが、人によっては物足りなさもあるかと思います。

また、風などの影響や操縦者の腕によっては、映像がブレブレになってしまいます。ちゃんとした空撮映像を撮るには、ある程度の条件と腕が必要です。

それとこの価格帯のドローンのカメラ全てにいえることなのですが、センサーが弱いのか明るい場所じゃないと、どうしても画質が落ちてしまいます。この点は注意です。

H107Cは、空撮よりもドローン操縦の練習機としての位置付けかなと、個人的には思いました。

X4 HD H107Cを飛ばした様子

H107Cは、慣性では動かずにすぐに姿勢が水平に戻るので、当て舵があまり必要ありません。そういった意味でも、初心者の方にお勧め出来るドローンです。

サイズは83 × 84 × 33 mmと小さめなので、ご覧の通り室内でも不自由なく飛ばせます。

ちょっと気になったのが、上昇下降のシビアさです。細かく舵を動かさないと大きく上昇下降してしまうので、まずは高度を維持する練習が必要になると思います。

エキスパートモードで本格的な操作

エキスパートモードだと舵がキビキビ入ります。ですが上述した通り、すぐに姿勢が元に戻るので個人の技量にもよりますが、さほど難しさは感じませんでした。

エキスパートモードでは、フリップ(宙返り)が出来ます。最初知らなくて、室内で突然フリップして驚きました(笑)

ちょっと説明しづらいのですが、フリップするには一旦舵を最大(一番端)に入れてから、逆方向へ舵をふるだけです。左⇒右、上⇒下みたいな感じで素早く舵を入れます。

フリップはかなりコンパクトなので、慣れれば室内でも出来そうな感じでした。中々パワーがあって、本格的なフライトとしても遊べます。

X4 HD H107Cのまとめ

H107Cは、低価格ながらドローンの基礎的要素は全て詰まっており、操縦や修理などの技術を身に付けるにはもってこいです。

これから本格的な空撮を始める方も、H107Cで練習しておくと良いと思います。ローターガードもついていますし、室内でも充分飛ばせるサイズなので、練習環境的にもお勧め出来ます。

性能的にも充分元はとれる良機体だと思いますので、気になっている方は一度体験してみてはいかがでしょう。とてもよく出来たドローンです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る