ラジコンヘリの塗装のやり方やコツなど

CIMG1104.jpg
ラジコンヘリの塗装のやり方です。塗装をする際の道具やコツ等を解説していきたいと思います。 

スポンサーリンク

塗装のやり方

CIMG1042.jpg
まずは塗りやすくするために対象のパーツを分離します。

CIMG1043.jpg
次に塗りたくない部分にマスキング(保護)します。 ネジ部分も保護しました。

CIMG1045.jpg
一応、下地を白で塗りました。この時はマスキングテープがなかったので、ガムテープで代用しましたがあまりお勧め出来ません。ガムテープと梱包テープ両方試しましたが、どちらも粘度が高すぎてネバネバが残ってしまいます。

私は最後にシール剥がしやら洗剤やらで、粘りを擦り落とすという大変な目に遭いました・・・。ですからちゃんとしたマスキングテープを利用するのが望ましいです。

CIMG1050.jpg
下地が乾いたらメタリックグリーンを吹きかけます。 塗装の基本は「薄く何度も」です。一回一回を濃く塗りすぎると液だれしたり、ムラが出来てしまうので薄く何度も重ね塗りします。

CIMG1103.jpg
ヘッド周りは外すのが面倒なので、水性ホビーカラーで筆で塗りました。塗るとこんな感じになります。

CIMG1096.jpg
こちらも筆塗りしました。 ここでマスキングテープも無事に発見。キャビンの黒い部分は水性ホビーカラーのメタリックブルーを、ヘッド周りはメタリックグリーンを塗りました。

CIMG1085.jpgホビーカラーはいつの間にかこんなにたくさん持っていました(笑)

CIMG1111.jpg
写真を撮り忘れましたが、メインとテールブレードもシルバーで塗りました。 以上で完成です。

solo228-helibeginnner
初期状態と比べるとだいぶ変わりましたが、カッコ良くなったかと言われるとかなり微妙なところです。色の組み合わせはなかなか難しいですね。

実際にスプレーを吹いてみると意外と見本と違った色が出たりして、塗ってみてやっと失敗したなと気付くことも多いです。塗りなおしも出来ますので、そこらへんは実際に試行錯誤しながらやっていくしかありませんが・・・。

実はほぼ同時進行でLEDも付けていますので興味のある方はこちらの記事もどうぞ。

SOLO PRO 228にLEDをつける簡単な方法
SOLO PRO 228にLEDを装着してみました。今回はそのやり方について解説していきます。ハンダ付けをしたことない方向けのために解説の記...

CIMG111322

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る