V977の故障の原因を探る

IMG_1208_R
V977が突然故障したのでその原因を探ってみました。今回のケースは「テールが動かない」という症状です。

スポンサーリンク

V977の故障の原因

V977の故障の症状

IMG_1211_R
症状としてはテールが動かないというもので、パッと見どこも断線してないようだったので不思議でした。

今回の原因は送信機

IMG_1406_R
そこで、送信機が原因ではないかと疑ってみました。

IMG_1203_R
V977の送信機はスティックを動かすとメーターも動くので、幸いにもこれで原因を断定することが出来ました。テールの片方向だけメーターが動いていません。

IMG_1407_R
ということで分解してみました。一見複雑そうに見える送信機ですが、写真のように結構簡単な構造だったりします。スイッチ系の断線などは楽に修理できますので、自分でやってみましょう。

IMG_1410_R
案の定、線が切れていました。他にもハンダ不良気味なのがいくつかあったので、ついでに修正しておきました。 

V977の故障の原因のまとめ

中国のラジコンヘリは安くて良いのですが、半田不良が往々にしてあります。受信機や送信機は半田不良以外にも、何かの拍子で断線などもありえます。

今回のケースのようにたったこれだけのことで送信機が使えなくなることもあるため、こういうイレギュラーに対応するために、自分で修正する技術を身に付けておくと良いです。

ハンダ付けを覚えてラジコンライフを快適に過ごそう
ラジコンをやっていると使う機会のあるハンダ付けの解説です。修理や改造をする際にはわりと必要な技術なので、やったことのない人もぜひチャレンジし...

ちなみにV977の送信機は扱いづらいため、K110化することをお勧めしています。この時は一応直したものの、現在ではFutabaのT10J送信機を使っています。

非常に扱いやすい機体に生まれ変わると思います。

V977をK110にする方法
V977をK110にする方法です。WL-toysの送信機では操作がしづらかったため、K110と同じ仕様にしてみました。 V977をK110...

以上、V977の故障の原因を探るでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る