V120D02Sのレビュー

v120-helibeginnnerWalkera V120D02Sのレビューです。
各部の詳細な写真や飛ばした感想などを書いていきます。

スポンサーリンク

V120D02Sのレビュー

 3Dフライトのステップアップのため、より適した機体へと選んだのがV120D02Sです。DSCN8465_R.jpg

箱の中身はこんな感じです。 DSCN8467_R.jpg

付属品はMini CPなんかと似ていますが、バッテリーは1つだけでした。 DSCN8469_R.jpg

こちらがV120D02S本体です。
DSCN8473_R.jpgこの色鮮やかなキャノピーはかっこ良いですよね。 

昔デザインに惚れてV120D02S本体は買わずに
キャノピーだけ買ってMini CPにつけたりしていましたが(笑)DSCN8472_R.jpg

V120D02SはMini CP等と比べより本格的なラジコンヘリです。 DSCN8475_R.jpg サーボがついていますね。

これが何なのかと言いますと DSCN8476_R.jpg

テールブレードのピッチ角を変えるためのものです。 DSCN8478_R.jpg

テールも可変ピッチなんです。 DSCN8480_R.jpg

テールにモーターがついているタイプは固定ピッチです。 CIMG3027.jpg モーターの回転を速めるか遅めるかしかないため、左右の回転に差が出てしまいがちです。

その点可変ピッチだとどちらも均等に反応してくれます。 DSCN8481_R.jpg

よりなだらかなピルエットになると思います。 DSCN8482_R.jpg

三日月です。 DSCN8477_R.jpg

テールサポートもついていて中々しっかりとしています。 DSCN8489_R.jpg

中身はこんな感じです。 DSCN8483_R.jpg

モーターはブラシレスです。 DSCN8484_R.jpg パワフルで3Dフライトに向いています。

6軸ジャイロになります。 DSCN8496_R.jpg かなりしっかりと補正されますね。

アンプです。 DSCN8487_R.jpg

Master CPと同じかと思いきやBECコネクターでした。 DSCN8488_R.jpg

V120D02Sを飛ばした感想

V120D02Sを飛ばした感想としましては、かなりカッチリとした印象を受けました。
ジャイロ70%で飛ばしましたが、Walkera独特の機械的な動きをしていましたね。
V120D02Sはパワーも動きもMaster CPとMini CPの中間といった感じです。
どちらかといえばMini CP寄りですね。
walkera3-helibeginnner

V120D02Sは標準でブラシレスモーターを装備しています。
また、テールはモーター式ではなく可変ピッチです。
モーター式に比べると左右の動きに偏りがなく、より自然にピルエットが出来ます。
これらが標準で備わっていることからV120D02Sは3Dフライト向けのラジコンヘリです。
Mini CPなどに比べると背面飛行時のパワーにも余裕があります。

V120D02SはWalkeraのマイクロヘリの例に漏れず、非常に壊れにくいです。
ブレードの素材が柔軟だったり、そもそも機体が軽いためなかなか壊れません。
ブラシレスだとパワーがあるが故に壊れやすくなるものですが
V120D02Sではそのデメリットも補えているといえるでしょう。

V120D02を実際に飛ばした様子はこちらをどうぞ。

以上、Walkera V120D02Sのレビューでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る