SOLO PRO 290 LA315のレビュー

solo290-helibeginnnerNine Eagles SOLO PRO 290 LA315の詳細レビューです。
細部まで良く出来たこの機体をたっぷりとご紹介致します。

スポンサーリンク

SOLO PRO 290 機体紹介

ナインイーグルから発売されている
SOLO PRO 290 LA315の機体紹介です。
CIMG1014.jpg

■機体データ
ローター直径   680mm
全長       456mm
重量       441g
送信機      2.4GHz 6ch
バッテリー    11.1V 1100mAh Li-PO
モーター     ブラシレスモーター
ブレード     可変ピッチ
飛行時間       6分
充電時間       45分

ソロプロ290はスケールヘリといって
実際に実在しているヘリがモデルとなっております。CIMG1015.jpg

テールもメインもブレードは3枚です。CIMG1016.jpg

箱の中身はこんな感じでした。CIMG1011.jpg マニュアルは英語版と日本語版どちらも入っています。

スタビレスなのでスタビライザーがありません。 CIMG1017.jpg

排気口の部分にはLEDが付いています。CIMG1018.jpg 

テールの真ん中にはサーボのリンケージが通っています。CIMG1019.jpg

テールモーターはありません。CIMG1020.jpgテールも可変ピッチとなっています。 ブレードも一枚一枚交換する仕様です。

お次は中身です。CIMG1023.jpg キャビンの頭にもLEDが付いています。

カバーはネジで外すしかないので多少面倒ですが、スケールヘリなので仕方がないですね。 CIMG1024.jpg フレーム部分はアルミでした。アンプはその下に収納されています。

こちらが受信機です。 CIMG1022.jpg

いよいよ人生初の可変ピッチ機への挑戦となります。
仕組みや構造等がちょっと複雑なので、ただ今猛勉強中です。

これでまたラジコンライフが一層充実しそうです。
以上、SOLO PRO 290のレビューでした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る