SOLO PRO 290のモデルになったLAMAの飛行の様子

CIMG1015.jpg
ラジコンヘリをやっている方の中には、本物のヘリを間近で見たことがないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そこで私のSOLO PRO 290のモデルとなっている「LAMA」という本物のヘリを実際に見てみましょう。

スポンサーリンク

SA315B LAMA Takeoff JA6129 アカギヘリコプター

※6分を過ぎたあたりで離陸します。ラジコンヘリとは比べ物にならないくらい安定しています。人の命を預かっていますから、当然といえば当然なことなのですが(笑)

この動画に出てくるLAMAは私のSOLO PRO 290とは微妙に違う種類のようですが、再現度はかなり高いですね。

SA315B LAMA Takeoff (2/2) JA6129 アカギヘリコプター 様子を見る限りどうも離着陸などの練習をしているようです。

ちなみに

本物のヘリにはスタビライザー(フライバー)は付いておりません。スタビは機体を安定させるためのラジコンヘリ独自の考え方なんです。スタビの役割についてはもう少し詳しい説明を後々の記事にて書きたいと思います。

いつか本物のヘリも操縦してみたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る