HiSKYのラジコンヘリを他社製の送信機で操作する方法

IMG_1774_R
HiSKYのラジコンヘリを他社製の送信機で操作する方法です。増えすぎた送信機をひとつにまとめるべく、HiSKYのラジコンヘリはFutaba送信機で操作出来るようにしました。

スポンサーリンク

HCP60をFutaba送信機で操作する方法

IMG_1767_R
HiSKYのラジコンヘリを他社製の送信機で扱うためには、HT8というアダプタモジュールが必要です。

HT8はNine EaglesのGeneral Linkのようなもので、これがあると他社製の送信機を使えるようになります。

IMG_1768_R
IMG_1769_RIMG_1770_R
コネクターは3種類付属していてFutaba、JR、Walkeraの送信機に対応しているようです。

IMG_1771_R
マジックテープが付属しており、これでFutaba送信機に固定します。結構しっかりとくっつくタイプでした。

IMG_1773_R
HT8は、リポバッテリーで電気を供給してありました。性能の記述がありませんでしたが、おそらく1セルだと思います。

IMG_1775_R
Futaba送信機で使うためには、この線が必要です。 

IMG_1776_R
これをHT8の側面にさします。

IMG_1777_R
もう片方をFutaba送信機へと繋げます。

IMG_1780_R
この状態でHT8の電源を入れると、オレンジ色のLEDが点灯します。

IMG_1781_R
Futaba送信機側の電源を入れると、両方緑のLEDへと変わりました。これで認識出来ているようです。

IMG_1782_R
最後に機体がきちんと操作出来るようになっていれば、完成です。バインド等の作業は、特に必要ありませんでした。

HT8の設定など

IMG_1783_R
HT8の場所ですが暫定的に上の方に設置してみました。ちょっとコードが邪魔ですが、操作する分には問題ありませんでした。HT8は結構軽いので、つけていても重さは感じません。

IMG_1794_R
HiSKYのラジコンヘリのリバース設定は、こんな感じになりました。Futaba送信機では、ラダーだけリバースです。

IMG_1793_R
ジャイロはNORMALの方で100%で、特に問題ありませんでした。 

以上、HiSKYのラジコンヘリを他社製の送信機で操作する方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る