FMSフライトシミュレーターのマッピングとキャリブレーションの設定方法

fms-mapping-helibeginnerFMSフライトシミュレーターのマッピングとキャリブレーションの設定方法です。

スポンサーリンク

はじめに

FMSフライトシミュレーターは使用している送信機によってマッピングが違います。
私と違う場合はお使いの送信機によっては設定を変えましょう。
この記事では以下のプロポの解説になりますのでご注意下さい。

FMSフライトシミュレーターのマッピングとキャリブレーションの設定方法

今度は左の部分でスティック操作の振り分けをします。
モード1設定FMS上の枠内が飛行機用で下の枠内がヘリ用です。
モード1の設定はこうなります。

Tail   4
Nick  3
Roll   1
Pitch 2 invにチェック

モード2用の設定はこちらです。モード2FMS

Tail   4
Nick  2  invにチェック
Roll   1
Pitch 3 
テールの動きは人によって違うと思うので逆の場合は
Tailの「Inv」にチェックを入れて下さい。FMS逆の動き

FMSフライトシミュレーターのキャリブレーションのやり方

キャリブレーションとはスティックの最大舵角などを認識させるものです。
大事な作業ですので、FMSフライトシミュレーターを起動した際は必ずやりましょう。
機体が変な方向へ動いたりする場合もこちらで調整し直します。
多少であればトリム調整だけでもOKです。

まずは「Calibrate」をクリックします。
20130623012825ec6

「Move the sticks・・・」と出ましたら手持ちの送信機のスティックを
隅から隅まで円状にグルグルと動かしましょう。
最初はメーターが点滅していますが徐々に収まってくると思います。
これを何回か繰り返した後「Next」を押します。20130623012828c8a

スティックを両方とも中央のポジションに戻しましょう。
出来ましたら「Finish」を押してキャリブレーション完了です。20130623012817b0d

これにて完了です。

ちなみに

FMSは古いのでお使いのPCとの相性によっては出来ない場合があります。
私はグラフィックボードとの相性でこんな感じになります(汗)FMS すくしょ
これでも飛ばせないことはないんですが・・・。
もう一つのPCは「Windows7 64bit」ですが問題なく動作出来ています。
Windows7は出来たり出来なかったりするようですがどうぞ参考までに。

以上、FMSフライトシミュレーターのマッピングとキャリブレーションの設定方法でした。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る