ハンダ付けを覚えてラジコンライフを快適に過ごそう

kytdik7d_R
ラジコンをやっていると使う機会のあるハンダ付けの解説です。修理や改造をする際にはわりと必要な技術なので、やったことのない人もぜひチャレンジしてみて下さい。

スポンサーリンク

ハンダ付けに必要な道具

基本的には「はんだごて」と「はんだ」だけあれば出来ます。しかし、台やクリーナーがあると便利なので持ってない方は、セット品を買うと良いです。

こちらは私も持っていますが、使い勝手は充分です。ヒートクリップやこて台があるので作業がしやすいですね。このお値段でこれだけ揃っていれば、満足のいく商品だと思います。

ハンダ付けのやり方

肝心のやり方ですが動画で見た方がわかりやすいので、Youtubeにあったモノを載せておきます。

被覆の剥ぎ方

CIMG1037
被覆の剥ぎ方ですが私はニッパで軽く周りを噛んで、そのまま引っ張って剥いでいます。力を入れすぎると切れてしまいますので、これは絶妙な力加減でやる必要があります。やっているうちに最適な力加減というのを覚えてくると思いますので、慣れましょう。

具体的な用途

私のラジコン用途では、受信機やLED改造の時に頻繁に使っていました。あとはバッテリーの結線が切れることが多いので、その補修にかなり役立つと思います。線が切れただけで新しいバッテリーを買うのはもったいないので、自分で修理することをお勧め致します。

慣れればとても簡単な作業ですので、ぜひやってみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

トップへ戻る